年末のご挨拶

鍵善良房前
 
今年も残す所半月余りとなりました。
毎年感じるんですが年を取るごとに1年が早い様に思います。

今年も春、秋と作品展を開催出来ましたのは、健康であったのは勿論ですが皆さまのご支援が有ってこそと感謝致しております。思えば以前は年4回位作品展をしていたように記憶しておりますが、今は2回が精一杯になり年を重ねて体力的にこれ位が自分のペースだと実感しております。

でも今は作品の制作に携わっている時が1番の至福を感じていますからこれからもマイペースで行こうと思います。

世界各地で嫌なニュースが多い1年でしたが来る年はいい年で有ります様に、そしてブログを見て下さっている方のご健勝をお祈り致します。

来年もご指導の程よろしくお願いいたします。

今年の自宅での作品販売は終了致しました。
叉来年もよろしくお願いいたします。

 

アメリカからの写真

 
毎日寒い日が続き体にこたえます。

早く春が来ないかな―
以前アメリカのかたに注文頂いたショルダーバッグが届いたと写真送って下さいました。

ダミァンさんという方なんですが似顔絵をとっても気に入って下さったようです。


昨年ダミァンさんにお会いして工事中のお店(バー)なんですが「いつ頃オープンするんですか?」とお聞きしましたら、8月か9月、には出来ますとの事でした。
私が伺ったのは6月でしたのでもーとっくにオープンしていると思っていましたのに先日届いた写真見て未だ工事中やん。

私は今年の5月にもう一度アメリカの娘の所に行く予定にしてますがそれまでに出来ていますかねー?

娘曰くこの国はこんなこと良くある事で驚く事ではないそうです。
アメリカらしいと言えばアメリカらしい。
日本では絶対にあり得ない。
今度言ったらそのバーに招待して下さるそうです。
チョット楽しみ。
でもダウンタウンのど真ん中だし治安が心配かな?


写真の中に私の度肝を抜くのが有り、良く見ると孫の頭に模様が有るではないですか。
文字が書いて有り多分(ピース)とバリカンで刈ってもらっている写真も有りましたので2度ビックリ。

この頭で学校へ行くのでしょうかね?
日本なら絶対許されないんじゃないかな?
 

6年振りの娘と孫たちとの思い出、その2〜広島

広島ドーム2

今回は孫たちとの広島への旅。

6月5日に広島に1泊2日の旅行。

娘と孫は今回日本に来て1番行きたい所は広島に行って原爆ドームと資料館に行きたかったそうです。

広島ドーム4 広島ドーム3

特に資料館は是非見ておいてほしいと。

孫たちは写真を見て声も発する事も出来なかった様です。
戦争と化学兵器の怖さを知ってほしいと、
母親としてどうしても見てほしかったそうです。
私は何回か記念館に足を運んでいますが何度見ても恐ろしい写真です。

広島ドーム5

今立っている側の川に原爆が落ちた後、何万人物人達が水を求めてこの川に飛び込んで死んでしまったと言う事も話してやりましたが、戦争と言う物は恐ろしいということだけは心の中に刻んでいてほしいと願います。

広島城2 広島城1

その後は平和な広島城に。
アメリカに住んでいる孫たちは大変珍しく3人ではしゃいでいました。

広島城4 広島城3

その内で最も興味を引いたのは鎧とか陣羽織。
ここは無料で衣装を試着できるのでこの得意そうな顔。どうだー。

広島城6

広島城5

天守閣に登ってみましたがさすが暑さと疲れとでチョット一休み。

大阪城は何べんも上がっていますので改めて大阪城の大きさがすごーい。

広島城7

この外堀に鯉が多くいるのかと思って覗いて見るとカメさんが居てそれも喜んで子供って何で喜ぶのかわからないなー。

宮島3 宮島7

宮島にも足をのばし娘のお友だちのお母様がそちらに住んでおられて1日中大変お世話になりました。

宮島は矢張り満潮に見るのが1番。

しかしあいにく引き潮だったので残念。
途中花嫁さんが人力車に乗っておられる所を見て、孫たちはあの人だれー?

宮島4

この写真はお参りする前のお清め。
孫たちは知らないからのどが渇いていたのかごくごく飲んでいました。

まー飲んで悪い事は無いのですが…

宮島5

孫たちがこの旅で1番気に行ったのがこの陣笠。

どこへ行くのもこの笠をかぶり、帰りの飛行機の中でもこの2人はかぶっていたので皆からどこで買って来たのかと聞かれたそうです。

今でも外に行くときもかぶっているそうです。

宮島6

この写真は昼食。

孫たちが日本に来て1番気に入った食べ物、長男はラーメンととんかつ、二男は矢張りとんかつ、3男はどこへ行っても天ぷらうどん。

矢張りラーメン、うどん、天ぷらは日本の物が1番美味しいそうです。

堪能して返ってくれたかな?

あんなに楽しみにしていた、娘、孫たちとの夏休み。
あっと言う間に過ぎ去ってしまった。

はたして今度何時再開出来るかな。

孫たちのためにも健康にこをつけて少しでも長生きして叉楽しい旅行が出来ます様に。


6年振りの娘と孫たちとの思い出、その1

回転寿司

6年振りに娘孫たちに再開。

孫たちは日本語が駄目なので大変。その上私も英語が駄目。
娘を通しての会話。
まず何を楽しんでと思ったのですが夜食に回転寿司を。

回転寿司2

アメリカにも回転寿司はあるのですがネタが叉違う様です。
矢張り日本独特のネタがいいみたい。
今の回転寿司は昔と違って数段に良くなっている。

17歳の孫は食べるは、食べるはで、35皿も!
よっぽど美味しかった見たい。

でも喜んで食べてくれてこちらも満足。

伏見稲荷2 伏見稲荷1

私は同行していなかったのですが、娘がどうしても行きたい所が有るとのこと。

1つはお稲荷さん
最近の若い人はパワースポットに行きたいそうでお稲荷さんもそうらしい。

孫たちはなんぼんも並んでいる鳥居が珍しく喜んでいたみたい。


伏見稲荷6

なじみのおせんべい屋さんからすごく良くしてもらった様で。
と言うのは毎年初詣でに行くと必ずそのせんべいをアメリカに送って居ますので。

伏見稲荷5

おみくじはアメリカにはないので孫たちは大変珍しかった見たい。

伏見稲荷3

みんなでおみくじを木にくくりお願いごとをしたのでしょうか?

お稲荷さん8

孫たちはキツネは、揚げが好きだと言ったらとっても驚いていたそうです。
何故でしょうと英語で説明むつかしい?

次回は広島に行った珍道中をご報告したいと思います。


新年の抱負

茜染め

新年明けましておめでとう御座います。

今年のお正月は1日からいいお天気に恵まれ幸先良いスタート。
氏神様にお参りすると何かいい事の有る様な気持になります。

今年の仕事初めは、以前から気になっていた染め。
草木の茜で染めて見ました。
久しぶりの草木染めですのでチョッピリ緊張。

でも本当に好きな色で、この布で裂き織りしてコートにしようと考えています。

今年は5月、11月とギャラリー空・鍵屋にて作品展を控えていますのでボチボチ作品に取りかからなければと思っています。

毎回ぎりぎりにならないとかかれなかったので今回は余裕を持って。
初めてのギャラリーですので期待と不安が入り混じっていますが、心強い方が2人いつもお手伝いして下さるので安心。

今年はじっくり1つ、1つの作品を楽しんでと思っています。
本年もよろしくお願いいたします。


思いがけない事

京都新聞掲載

毎年思うんですが、今年の方が去年より暑かったなー。

でも毎年その様に思いながら夏が過ぎて行ったようにおもいます。

でも今年の夏は、私にとっては1番印象に残る夏になるかな?
と言うのは、みんなで口笛で東北震災の支援のチャリティーを6月の末〜7月の初めに第3回目を行ったんですが、その取材に新聞社の方が来られてその時の流れで柿渋染についてお話を聞きたいと言うことでした。

何かのご縁で取材に来て下さって、まさかあんなに大きい記事になっているとは思いませんでした。(本人もびっくり)

記事が出てから見ず知らずの方、叉友達から電話がかかって来て、改めて新聞記事の影響の力が大きいことを知りました。
逆にこれからもまだまだ勉強しなアカンかなーなんて思ったり。

でもお陰で叉今迄とちがう方ともお知り合いになれると言う事はいいですね。


新聞社の取材を受けて

 久し振りにパソコンに向かっています。

6月1日より体調管理のため約3週間病院に入っていました。

病院と言う所は何と退屈な所なのか。

切った、はつった、とかではなく体調整えるために入院しましたので。

元気な時はチョット病気になってベットで2、3日寝て見たいと思ってしまいますが。
いざそうなると、健康ってなんと有難いかとしみじみおもいます。

退院してもう2週間程経ちますのでボツボツエンジンをかけ無ければとおもいます。

みんくち3
先日、みんなで口笛で東北震災の支援チャリティーが行われ、その事を新聞に取り上げて下さいました。その流れで私が柿渋染をしている事を代表の平塚さんが仰って下さり今日新聞社の方の取材を受けました。

そんな大層な事をしている様には思いませんのでビックリいたしました。

柿渋をして12、3年になります。
染めと、染に絵を描いている時間が本当に1日の内で至福の時ですので、今思えばいい物に出逢えたと感謝しています。

後何年続けられるか分かりませんが、今迄の幾人かの素晴らしい方々に出逢えた事を感謝しつつ染めを楽しんで行こうとおもいます。

染鶴工房夏の催しDM/オモテ 染鶴工房夏の催しDM/ウラ
7月20日〜22日(金、土、日、)の3日間自宅ギャラリーで、草津在住のガラス作家八木俊之さんと、アクセサリー作家林広美さんとの作品展を開催致します。

催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:染鶴工房 夏の催し
・参加作家:八木俊之(ガラス)・林広美(アクセサリー)・山本田鶴子(染色)
・会期:2012年7月20日(金)・21日(土)・22日(日)の3日間
    10:00---16:00
・会場:染鶴工房 自宅ギャラリー
    京都府宇治市木幡正中57-26 0774-32-2100
・最寄駅:JR六地蔵駅下車 徒歩7分
     京阪宇治交通バス 御蔵山参道駅下車 徒歩すぐ
     *駐車場はございません。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


秋田旅行の思い出〜その2

 前回(9月16日)の秋田旅行のその2。

男鹿半島-開拓地
男鹿半島は以前から是非行って見たい所でした。
思っていたより雄大で今度は雪景色の男鹿半島を是非見に行こうと思っています。

石黒邸
この写真は角館の、石黒邸の庭です。
昔は金庫番の様な事をされていた様です。
広大な土地に立派なお屋敷で、もっと天気が良ければ小京都と言われている街並みをゆっくり散策したかったのですが、あいにくの豪雨で残念。

乳頭温泉-4人
旅のいいところは思いがけない出会いがある。
角館はあいにくの雨でしたが、気仙沼から来ておられたお二人とお知り合いになりました。雨が降っているので一緒に車でと誘って下さり、おもいがけずに2つの温泉に。
この写真は乳頭温泉、名前は良く聞くんですが行ったのは初めて。

玉川温泉
4人で露天風呂を満喫。
その後玉川温泉にも連れていっていただき、そこからバスにのって私たち2人は大館へ行くつもりがバスに乗り送れて、けっきょく叉玉川温泉〜大館まで1時間30分の道のりを送っていただくはめに。
お二人がおられなければもう後のバスは無いのでタクシーでしか大館のたどりつけなかった。たぶんタクシー代は2万円位かな、本当に助かりました。

旅はハプニングがあって面白いのですが、迷惑のかかるハプニングは駄目。


4日目の夜行で帰る予定が東北が豪雨で電車はストップ。
結局、翌朝東京まで出て新幹線で京都へ無事つきました。
これにこりずに叉雪の東北に行くぞー!

秋田旅行の思い出〜その1

 9月9日〜9月13日にかけて秋田旅行に行ってきました。
初めての東北ですから、わく、わく。
天気にも見放される事なく順調なすべりだし。

京都駅午後6時台の、日本海の夜行列車で10日の朝秋田に到着。
早朝でどこも開いて無いので、駅前にある千秋公園をぶらぶら。

秋田旅行1蓮の群生
ここはお城の跡で余り期待はしてなかったのですが、蓮の群生の見事な事と、公園の美しさ。

秋田旅行2カヤの樹
それに樹木の見事さに圧倒され、思わず大きな木の(気)をもらいたくて思わず抱きつきましたね。

秋田旅行3男鹿半島
初日は男鹿半島に観光バスで。
6時間のバスの旅ですが、バスのガイドさんも「こんないい天気は長くガイドしていますが
初めて」と言われる位の天気、しかし「余りいい天気過ぎると明日は大雨になりますよ」との事。明日の天気が心配。

秋田の夏の風物は、ばばアイスだそうで、それは何?
ばばとは女性のお年寄りの事。
お年寄りが夏アルバイトに車の通りへパラソルの下でシャーベット状のアイスを売る事だそうです。

幸運なことの秋田港に南極船しらせが接岸していました。
目の前で見ると、何と大きいこと。
男鹿半島の海岸線はリアス式の男性的な荒々しい力強さを感じましたね。


秋田旅行4なまはげ
最後になまはげ資料館でなまはげとはこう言うものですと実演して見せていただいたのですが大人も怖い位ですから、まして子供達は本当に怖いみたいで、正月なんか来てほしくないそうです。
これは正月の行事ですから。


次回は秋田のたび2日目に続きます。

お精らいさん

六道参り

京都では、8月7日頃から六道巡りと言って、ご先祖さんをお迎えするのに東山の珍皇寺にお迎えの鐘をつきにいきます。

水塔婆にご先祖さんの戒名を書いて、鐘をついてその水塔婆を家に持ち帰り、お精らいさんのお飾りして、お盆の行事をいたします。

16日の大文字の灯りと、ともにまたご先祖さんが霊界におかえりになると言う行事が面々と行われています。

私も8日にご先祖さんと、主人の霊のお迎えに鐘をつきにまいりました。

毎年のことですが鐘をつくのに、長い時ですと約1時間ほどの順番待ちですが、皆さんご先祖さんを迎えるため、汗をふきふきならびます。

でもそれをしないと、お盆が迎えられないように思ってしまいます。

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM