10月の作品展にむけて

 

皆さま残暑お見舞い申し上げます。

 

暦ではもう秋ですが、この暑さいつまで続きますかねー

私も少し体調を崩して入院…。

やっと秋の作品展に向けて始動開始です!

 

次回の作品展にむけて新作をご紹介します。

カバンに掛けてあるスカーフは刈安の草木染。

 

作品展は10月の初旬の開催ですので少し厚手のジャケット。

少し変わった模様の布が有りましたので、ステッチをほどこして作品に重みを持たしました。

 

カバンの素材は麻の紐を柿渋で染めた物を織り機で織って有り、それをカバンに仕立てて有ります。

 

カバンの内布は大漁旗を柿渋で染め使っています。

 

10月の5、6、7、8日の4日間。

高台寺近くの「松葉亭」にて作品展を致します。

写真の3点の作品は出展の予定。

作品展の詳細はまたお知らせ致します。

 


初夏の新作

1年って早いですね。

ついこの間梅雨に入りましたと天気予報で言っていましたのに。

 

明日から7月夏本番。

毎年夏になると死んでしまいそーが朝の挨拶。

とはいっても秋の作品展の準備しなければ。

 

今回は新作3点。

この図柄は俵屋宗達の象。

体の部分にたこ唐草を描いてみました。チョット面白いかなー自己満足。

 

シルクの布に藍染めにしてコートにし仕立ててあります。

 

この作品はシャツ仕立てで後ろ身ごろを長くしてコートふうに着ていただいたらと思います。

 

前、後ろとも麻。

前身ごろは団栗染、後ろ身ごろは柿渋染。

 

チョット変わった図柄がないかなーと考えたのがこの模様。

 

藍染めの古布に根気よくちくちくとステッチを思うがままにしたら、この様な模様。

持ち手はいつもお願いしている木工作家の岡本さん作。

 

裏もちくちく刺しましたが表と一緒だと変化がないのでチョット少しだけ。

色は団栗染。

 

中はいつもパソコン指導していただいている先生が、カバンの裏布も見せると親切でいいですよと教えて下さったので撮影。

図柄はインドネシア伝統のバティック、その布を柿渋染にしています。

 

7月8日(日)龍谷大学響都ホール校友会館にて、柿渋・カキタンニン研究会の主催の展示会に参加致します。

興味のあるお方は足をお運びください。

 

催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:「市民講演会及び柿渋展示会

・会期:2018年7月8日(日)
    13:00---17:30
・会場:龍谷大学 響都ホール校友会館

(JR京都駅八条口近くアバンティビル9階)
・最寄駅:JR京都駅、近鉄京都駅

・サイト:柿渋・カキタンニン研究所→こちら

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


2つの作品展の報告

季節は正直で6月に入るといよいよ梅雨。

 

5月には自宅での作品展、5日後には6人展とめまぐるしい1ヶ月でした。

2ヶ所とも天候にも恵まれまして沢山の方にお越しいただいて感謝いたしております。

作品展は矢張り天候に左右されます。

 

3年振りの自宅ギャラリー。

戸惑いも有りましたが狭いながらの我が家でどうにか展示にこぎつけました。

季節がら、帽子、Tシャツ、等が良く売れた様に思います。

 

今回は、素材の変わった布、和紙とベンベルグと絡ませた布で作った、コート、ブラウス等も喜んでいただけました。

 

今回は久し振りにガラス作家さんとのコラボで、お客様にも季節感を味わっていただけたのではと思います。

涼しい音色の風鈴も好評でした。

 

ガラスのペンダントも涼感、叉スイーツを入れる器も好評。

 

狭いながらも4日間沢山お越し下さって感謝!

 

我が家での作品展の5日後。

中京区にあります象鯨ギャラリ―での6人展。

 

全面ガラス張りでとってもいい感じの所で、場所が広いのでお客様もゆっくりご覧いただけたと思います。

 

ここでもやはり季節がら、帽子、Tシャツがよくでました。

お花屋さんのご厚意でシャクナゲも美しく咲いてくれました。

 

私の他に革の作家さん、バッグの作家さん、洋服の仕立ての方、アクセサリーの作家さん、帯等でタペストリーを作る作家さん。

この秋10月に叉6人展開催の予定です。

 

自宅のギャラリー、象鯨ギャラリーお越し下さった方有難うございました。

 


5月の作品展、2つ

 

目に青葉山ほととぎす初鰹。

新緑がまぶしくホットする季節。

 

今年も例年どうり初夏の作品展をいたします。

今回は約3年振りになりますか?我が家のギャラリーにて開催いたします。

ここ数年は他のギャラリーで致しておりましたのでチョッピリ不安もありますが頑張ってと思います。

今回は滋賀草津在住のガラス作家、八木俊之さんと私山本田鶴子の2人展。

 

吹きガラス作家八木さんは、アクセサリー、グラス、箸置き等。

山本は季節がら、Tシャツ、暖簾、夏ようの洋服等。 

 

催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:「初夏のしつらえ

・作家:八木俊之(ガラス)、山本田鶴子(染色)
・会期:2018年5月16日(水)〜19日(土)
    10:00---17:00(*最終日は16:00)
・会場:染鶴工房自宅ギャラリー
・最寄駅:JR六地蔵駅、木幡駅

     京阪六地蔵駅、木幡駅

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

5月末にもう1つ作品展を致します。

 

ギャラリー象鯨さんで六人展。

私は初参加ですが、今回初参加の方もほかにおられるようです。

 

皆さんそれぞれどんな作品を展示なさるのか私も楽しみです。

 

催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:「初夏を愉しむ 6人展

・作家:伊藤孝子、榎本佳津、大村貴子、

    木村幸子、藤田浅子、山本田鶴子
・会期:2018年5月25日(金)〜27日(日)
    10:00---17:00(*最終日は15:00)
・会場:ギャラリー象鯨
・サイト:https://ikeshige.co.jp/ (イケシゲ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 


春に向けての新作

 

新緑の季節になりました。

今年の櫻の開花は例年より随分早く、あーっと言う間に過ぎてゆきましたね。

今年も芸術の春、食欲の春、土の中の虫たちも、モゾモゾ。

 

私も例年どうり、5月、16、17、18、19日と鶴工房(自宅)で作品展を開催しますのは3年ぶりかな?とおもいます。

祇園、奈良、上七軒として参りましたがこの辺で久し振りに自宅でとおもいます。

 

今回は初夏にむけての作品が多いと思います。

この藍染めの作品は、福井のハルテック社の布で、和紙などで織ってありますのでとっても軽く着心地満点。

初夏のお出かけにふさわしいのでは。

この作品は良く見て頂くと、歌舞伎の隈取が浮き上がって見えます。

 

このワンピースは染めが少し複雑で、草木の茜、ベンガラ、柿渋、と色々の染料を使っています。

そのままれ着ていただいてもいいですし下にスパッツをはいて下さればいいのでは?

 

このブラウスは、藍染の、濃、淡、で仕上げています。

左そで口から切り替えてあり、下の濃い色の所は隈取が透けて見えます。

 

こちらの新作は自宅ギャラリーにて販売致します。

 


北野上七軒での作品展の報告

 

寒い、寒いと言っておりましたがさすがに3月も半ばになりますと櫻の便りもチラホラ。

 

2月の末から3月の始めにかけて北野上七軒にての作品展も無事に終わりホットしていますが、もう5月に向けてのガラス作家さんとのコラボの作品展が控えていますのでそろそろと思っています。

 

北野では初めての開催でしたので少しは不安が有りましたが天候にも恵まれ、叉北野は梅の名所でも有り心配が取り越し苦労になり皆さんに感謝ししています。

玄関まえのれんぎょうの花も綺麗でお花屋さんにも感謝。

 

季節柄ガラスで作ったお雛様が好評で何点か有ったのが完売。

作家は草津在住の八木俊之さん。

 

五月の節句に向けてのガラスで作った、兜、アクセサリーも好評でした。

 

陶芸家の井上路久さんとは今回で3回めのご一緒です。

 

若手の新進作家さんで今回日展初出展で見事入選果たされ、今後期待の作家。

今回も、抹茶茶碗、ぐい飲み、器、青磁、白磁、と皆さんの目を楽しませておられました。

 

染めと手描きは山本田鶴子。

 

今回は春に向けて、淡い色合いのブラウス、スカーフ、等が良く出たとおもいます。

矢張り季節感を出さないと、お客様にもアピールできないと感じました。

 

今回柿渋の布で、可愛い子犬を作って皆さんに好評。

 

今回はこじんまりとした空間だったので一度にお客様がお越しになるといっぱいになるのでは?と心配しましたが、重ならずお越し下さったので良かったと思います。

 

大阪、奈良をはじめ、遠方からも来ていただいて感謝以外の言葉が見つかりません。

本当に有難うございました。

 

これを励みに、次回は自宅兼ギャラリー染鶴工房にてガラス作家さんと5月に作品展する予定です。

詳しくはブログでお知らせいたします。

 


春を楽しむ3人展

今年の天気は異常とか言い様のないほどの寒さと雪の量!

テレビや新聞でしか分かりませんが、北陸、東北、地方はたいへんですね。

 

私も正月早々に風邪をひきまして1ヶ月程寝込んでしまいましてやっとエンジンが掛ってきました。

 

もう今月27日〜3月3日まで作品展が迫っていますから。

作家3人で開催の予定です。

 

タイトルは「春を楽しむ3人展

陶磁器作家井上路久

 

吹きガラス八木俊之

 

染め山本田鶴子

 

今回は初めてのギャラリー「アンティーク&ジャンクスタイルHANAMIZUKI」

場所は北野天満宮の近くの洒落た建物で天満宮の東門の所。

 

そろそろ梅の花もほころんでくる季節。

北野天満宮は菅原道真をお祭りしてあり、学問の神様でもあります。

今の時期京都では梅の花と言えば北野天神の名前が浮かぶほど有名です。

梅のシーズンのは梅園で上七軒のきれいどころ。野点も催されます。

 

少し遠方になりますが梅の花をめでながらチョットお立ちより下さい。

 

催しの詳細はこちら。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
・タイトル:「春を楽しむ3人展
・会期:2018年2月27日(火)〜3月3日(土)
    10:00---17:00(*初日は12:00オープン
・会場:アンティーク&ジャンクスタイルHANAMIZUKI
・最寄駅:北野天満宮前バス停より徒歩5分

・サイト:http://www.873zuki.com/

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 


3人展を終えて

京都の祇園にある鍵善さんのギャラリー空・鍵屋で3人展を開催しました。

 

いつもお願いしているお花屋さんのお花。

今回は今迄で一番お客さんに、季節感有っていいですねーと誉められまして花屋さんも大満足。

 

今回も一緒に出品していただいた陶芸作家の井上路久さん。

何時拝見しても、青磁、白磁の美しさが光っていました。

 

作品にはなを添えたのが生け花、チョット分かりにくいと思いますが素晴らしい。

 

裂き織りの小浦方さんの作品。

細かい作業をコツコツとなさって尊敬。

 

織は小浦方さんですが、縫製は娘さんです。心強いですよね。

 

この作品は裂き織り、どんな作品にもできる素材だと思います。

 

このコーナーは私の作品。

今回は冬に向けての、コート、大きめのカバン。

 

冬だけではなく、春先にもは羽織る洋服も少し。

 

私はいつも行事が有ると雨が必ず降り、皆から「雨女」と呼ばれていますが今回は4日間とも晴れて良かったと胸をなでおろし。

 

いつも思いますが自分1人では出来ない事。

表に出ない周りの方々に助けられ成し得ることで有って本当に感謝いたします。

 

今年は後1カ月を切りましたが、来年も叉皆さまのご協力いただいて前に進もうと思います。


蚊帳の生地でチョットおしゃれな秋を

秋も深まって来ましたが日中は未だ汗ばむ日も有り季節感がいまいち分かりませんね?

 

恒例の秋の作品展も1ヵ月あまりになって最後の追い込みです。

先日新作が出来上がりました!

 

半袖2枚、長袖1枚。

3枚とも同じ蚊帳風の生地を使っています。

 

上記の半袖はどんぐりの実で染め鉄媒染、前見ごろに墨を刷毛ではしっています。

 

裾を片方括ると叉違った雰囲気になると思います。

 

 

2つ目の作品は矢張りどんぐり、柿渋染鉄媒染。

シンプルなデザインになっています。

 

前で切り替えて変化をもたせてみました。

半袖仕立てです。

 

3つ目の作品はロングにして真ん中で切り替え。

どんぐり、柿渋薄い鉄媒染。

 

良く見て頂くと前身頃、後ろ身頃の長さを変えています。

 

この作品は長袖になっています。

 

3点ともセーターの上から羽織っていただいても、オシャレです。

 

11月23、24、25、26日の4日間、祇園にある空・鍵屋にて作品展を開催致します。

この作品は出店予定です。

 


ステッチのジャケット

ステッチのジャケット1

早いものでもう九月も半ばになろうとしています。

今年の夏の暑さには参りました。

 

私も染めに関わってもう20年程になると思います。

年を重ねて後期高齢者の書類が届き自分では分かっているつもりでしたが。

後何回作品展が出来るかな?

 

でも今秋の作品展もすぐ目の前に迫って来ていますから頑張らなければ。

 

ステッチのジャケット2

今回の作品展のために、昨年の暮れからステッチを始めた作品です。

何故か最近布を見るとステッチがしたくなり、暇があると布にチク、チク、針を刺しています。

何になるか分かりませんが。

 

ステッチのジャケット3

この布は骨董市で見つけ柄にほれ込み購入し藍染の古布を柿渋で染めました。

昔の藍染は深みが有っていいですね。

 

柄はお目出度い、松竹梅。

襟の部分はステッチせずに、藍染、の良さを出して。

ボタンもいろいろ悩みましたが藍にあうように黒っぽいので。

 

このジャケットは作品展にて販売予定です。

 


| 1/14PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM